Node.js 環境変数を取得する方法

Node.js 環境変数を取得する方法

APIのキーなどをGitHubや外部のサービスに公開したくない!って場合に有効なのが環境変数を定義してそこからキーの情報を参照する事です。

今回はNode.jsのアプリで環境変数を設定する方法を紹介します。

Node.jsの場合は process.envで環境変数を取得できます。

dotenvをインストール

npmからdotenvライブラリをインストールします。

$ npm install dotenv --save

もしくは

$ yarn add dotenv

.envファイルを作成

.envファイルをルートディレクトリ内に作成します。

gitで管理している場合は.gitigonore内に.envを追加することを忘れずに!

// .env

API_KEY=sampleKey
API_SECRET_KEY=sampleSecretKey

環境変数を取得

使用したいファイル内でrequire(‘dotenv’).config()を記述

require('dotenv').config();

const env = process.env

// コンソールに環境変数を出力
console.log(env.API_KEY)
console.log(env.API_SECRET_KEY)

$ node indes.js
実行して設定した環境変数が取得できている事を確認。

環境変数(UnixやNode)周りの話

https://gist.github.com/kenmori/ef48f09e9f1bfb30fe34cc11db0031d6